ハセマサ雑記

ハセマサのメ(o・∇・o)

2019 J1リーグ5節 清水エスパルス対湘南ベルマーレ メモ

f:id:masahase41:20190331192630p:plain

f:id:masahase41:20190331192533p:plain

エウシーニョ&金子翔太と杉岡大暉の攻防

フォーメーションが噛み合っていない事でサイドの枚数が違う中、清水エスパルスの右サイドのエウシーニョ選手、金子翔太選手。湘南ベルマーレの左サイドの杉岡大暉選手の攻防は見応えありました。

杉岡選手がボールを持つとエウシーニョ選手、金子選手が挟んでボールを奪取する場面が多々ありました。最終ラインからフレイレ選手が杉岡選手を目掛けてロングパスを出す場面が多かったのもあり警戒していたのはあったのかなと。

※「勇気を持つプレー」が清水初勝利への鍵か

清水エスパルス。反面、幅を取らず中央を硬めて自陣の守備を構成していましたがその分縦への攻撃の意識が弱かった印象でした。最終ラインからの組み立てで縦へのパスが少なかった。湘南ベルマーレの前線3人の圧力が強く、上手く攻撃に繋げなかったのもありましたが。パススピードもテンポも早く、良く選手は動いていただけに。


リーグ戦初勝利を掴むためには、同点弾のチョンテセ選手→金子選手までの繋ぎのように積極的な、勇気を持ったプレーが求められるのかなと感じました。

「シュートを撃たなければ何も始まらない」チョンテセ選手が表現したのかもしれません。

2019 J1リーグ 5節 横浜F・マリノス対サガン鳥栖 メモ

f:id:masahase41:20190329214652p:plain

f:id:masahase41:20190329214705p:plain

※「左サイド」としての起用に応えた広瀬陸斗選手

開幕から右サイドとしての出場が続いていたマリノスの広瀬選手。この試合で昨季主力を張っていた松原健選手が復帰してきたため、高野遼選手の負傷とティーラトン選手の疲労や大分戦での不振を考慮してか、左サイドで起用されます。

ボステコグルー監督が擁する「偽SB」の動き。「左SB」として起用される選手は攻撃時、本来は中央に陣取るセンターハーフボランチの選手が下がり目に位置するところを穴埋めするかのようなポジション取りをするのですが、前節までティーラトン選手が振る舞っていたプレーを広瀬選手はあっという間に適応してこなしてましたね。時折見せる前線へ裏抜けて飛び出そうとするプレーはティーラトン選手以上に脅威に感じました(結果としては鳥栖が中央のブロックを固めて守備していたため得点には至りませんでしたが…)


2019 J2リーグ 5節 柏レイソル対ファジアーノ岡山 メモ

f:id:masahase41:20190324085735p:plainf:id:masahase41:20190324085742p:plain

※ルーキー上島選手と共に3バックに切り替えた柏レイソル

ルーキー上島選手は、試合に敗れたもののビルドアップの面で貢献。
前節京都戦で決勝点を決めた鎌田選手に代えての起用。既にカップ戦ではデビューを果たしていたので緊張感は無かったかなと。
前半、瀬川選手に通して最後クリスティアーノ選手が放ったシュートの場面、中央から縦パスでチャンスを演出。

公称身長も1m80半ばあり、足下の上手いCBが増えてきているのは嬉しいですね。
警告を貰ってしまい退場のリスクもあった為か、途中交代でパクジョンス選手に代えられてしまいました。今後の出場にも期待したいです。


2019 J1リーグ 4節 サガン鳥栖対ジュビロ磐田 メモ

f:id:masahase41:20190319220044p:plainf:id:masahase41:20190319220102p:plain

※劣勢を打開したイザッククエンカの「マルセイユ」→ヒール

後半追加タイム。サガン鳥栖の勝ち越し点を挙げたイザッククエンカ選手。ゴール直前のセンターサークル近辺で魅せた「マルセイユルーレット」からのヒールパス。そこからのスプリントでゴール前へ。惜しみない動きが最高の「駅前不動産スタジアム」デビューを演出。

その前のプレーで荒木大吾選手のミドルシュートが枠を捉え切れなかったジュビロ磐田。クエンカ選手の決勝弾が生まれたのは、再三退場者による「数的優位」を活かせなかった事にあるのかと試合を観た限りでは感じました。



2019 J1リーグ4節 湘南ベルマーレ対ベガルタ仙台 メモ

f:id:masahase41:20190317192720p:plain

f:id:masahase41:20190317192920p:plain

※シーズンオフでの引き抜きが尾を引いたままの仙台、湘南に苦戦

奥埜博亮選手、野津田岳人選手、坂倉滉選手と昨年屋台骨を支えた選手が去って再編しなくてはいけなくなったベガルタ仙台

この試合、昨年は左のワイド、WBで起用されていた永戸勝也選手が3バックの左として起用されていました。

攻撃の組み立て時は兵藤慎剛選手とシマオマテ選手いずれかが下がって平岡康裕選手と永戸選手は大きくサイドに開いて攻撃参加という仕組みを作っていましたが、永戸選手の持ち味は左足のクロス、パスの精度。活かすにはポジションが下がった事で脅威さが半減してしまった印象。守備面でも体格で当たり負けしてしまうなど今後の起用法を少し考え直すべきかなと感じました。


2019 J2 4節 水戸ホーリーホック対ジェフ千葉

f:id:masahase41:20190317190914p:plain

f:id:masahase41:20190317191040p:plain

※3節まで未勝利の千葉、「ハイライン」を捨てて「リトリート」守備を選択

キーパーを佐藤優也選手から鈴木選手、CBの一人をエベルト選手から新井選手に変更して臨んだ千葉。
最終ラインは今までの試合より低い位置を保って、攻撃時低い位置で組み立て、守備時もリトリート、直ぐに引くという方向性を変えずにプレーしていましたね。

前半の為田大貴選手の得点で先取点を奪うも、その後は水戸に押し込まれる展開が続き。熊谷選手と新井選手をアクシデントで交代。結果後半追加タイムで追いつかれて引き分けに。

戦術どうのというよりも、身体が出来てないという点が気になります。開幕の愛媛戦でも矢田選手を負傷で交代しその後負傷欠場が続いているという事を考えてもこれはプロとして異常事態。

このまま下位に沈むのか、今後に注目ですね。

2019 J2リーグ4節 FC琉球対徳島ヴォルティス メモ

f:id:masahase41:20190316200515p:plain

f:id:masahase41:20190316200550p:plain

FC琉球のCBコンビの身体能力がJ2でも抜きん出てる

1m72cmの2番増谷選手、1m85cmの4番岡崎選手。
漫画「GIANT KILLING」に登場する「ETU(イーストトウキョウユナイテッド)」のCBコンビ、黒田と杉江を彷彿とさせる。
互いに地上戦も空中戦も長所短所を補ってプレーをしており、良い関係性を築いている。
徳島47番押谷選手のシュートをブロックした時の岡崎選手のスプリントダッシュには、「湘南スタイル」が込められていた。


※徳島に足りないもの「フィニッシャー」

前線を47番押谷選手、17番表原選手、13番清武選手で構成した徳島ヴォルティス

右サイド22番藤田選手、インテリオール8番岩尾選手から配給される絶妙のパスを仕留められる選手が不在。同点に追いついたセットプレーもこの試合CBを務めた25番内田選手。

かつての佐藤晃大選手 津田知宏選手 高崎寛之選手、近々で言えば山﨑陵吾選手のようなフィニッシャーが現れない限り上位浮上は厳しい。